アトリエ付きシェアハウス「ロクの家」

「ロクの家」は、千葉県銚子市で只今準備中のシェアハウスです。
元旅館の空き家をセルフリノベーションで再生しています。
6畳間が7部屋と、20畳の共同アトリエが使用できるようになります。
銚子駅から徒歩15分、スーパーと利根川がすぐ側で、家賃は1部屋1ヶ月15000〜20000円になる予定です。

銚子市は、江戸時代に栄えた港町です。
銚子漁港は8年連続水揚げ量日本一であり、その品質の良さは落語にも登場します。
日本一早い初日の出(山間部と離島を除く)が見れ、また日の入りも見れます。
農業や醤油醸造業も盛んです。

しかし、現在銚子市は財政破綻の危機の真っ只中です。
地理的歴史的にも特徴的な要素がありながら、第二の夕張候補となっています。
炭鉱の町であった夕張が、産業の衰退と運命を共にするのは想像できます。
一方、銚子市の漁業は衰退していないにも拘らず、市の借金は膨れ上がっています。

そんな銚子市に、中長期滞在できるアトリエ付きのシェアハウスを作ります。
大人が本気で話し合い、議論できる場を目指しています。
外部からの訪問者に対してなるべく開いていますが、宿泊施設やお店ではありません。
滞在者の生活の場であり制作場所でもあるので配慮をお願いします。

アーティストの方には、滞在制作して新しい世界の見方を示して頂きたいです。
外国の方には、この町がどう見えるかを教えて頂きたいです。
暇な方には、一緒に作業したり、たそがれたり、お魚や温泉を楽しんで頂きたいです。

まだまだ完成しませんし、方針が変わるかもしれません。
ご興味のある方には、建物をご案内しますのでメールにてご連絡ください。

最新情報はこちらです >>> Facebook